カテゴリ


オススメ


くすみが消えた! >レポ

shop HABA ONLINE
毛穴とくすみに! >レポ


たった1度で劇的効果! >レポ


毛穴とくすみに効果てきめん! >レポ


シャンプー&コンディショナーはこっち! >レポ


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも限定記事はプライベートな事も書いているので、直接のお友達もしくは何度も交流してくださっている方に限らせて頂きます。

FC2のIDをお持ちでない方は、パスワード入力にてブロとも限定記事をご覧頂けますので、上のメールフォームよりお問い合わせください。


ランキング


人気blogランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

CoRichブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

美容ブログランキング[美意識日記/キレイ日記]

FC2ランキング

ファイブ ブログランキング


ページランキング

ブログパーツ







みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

あわせて読みたいブログパーツ



Free counters!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts with Thumbnails
いよいよ本日発売。
ランコムの2009年秋のメイクアップコレクシオン、「ディクレアリング インディゴ(インディゴ宣言)」。
*7/8より新宿伊勢丹にて先行発売中

DECLARING indigo - LAMCOME Fall 09 Color Collection
LANCOME (all price tax in.)
パレット リベルテ<アイシャドウ> 全2種 ¥7,350 *個数限定
ローズ リベルテ<フェイス パウダー>全1種 ¥6,300 *個数限定
フェイス ブラシ<ブラシ> ¥6,300
インク アートライナー<ジェル アイライナー>全1色 ¥3,360
アイライナー ブラシ<ブラシ> ¥2,310
ヴィルトゥーズ<マスカラ> 全2色 ¥3,990 *個数限定
カラー フィーバー マット<口紅>全2色 ¥3,780 *個数限定
カラー フィーバー グロス<リップ グロス>全2色 ¥3,360 *個数限定
ラプソリュ ルージュ<口紅>全2色 ¥4,200
クレヨン コール<ペンシル アイライナー>全2色 ¥2,940 *個数限定
ル ヴェルニ<ネイルエナメル>全2色 ¥3,150 *個数限定

アーロン・ド・メイ2008年秋にランコムメイクアップアーティスティックディレクターに就任したアーロン・ド・メイ氏が、初めてゼロからフルプロデュースして作り上げた今回のコレクシオン。
インディゴをニューブラックと位置づけ、黒を使用するところにインディゴを使って斬新さを出し、そこにゴールドを組み合わせて新鮮さを、さらにレッドの差し色でスパイスを加えるコーディネイトを提案。

民衆を導く自由の女神 byウジェーヌ・ドラクロワインスパイアされたのはパリのフランス革命。
自由で大胆なロックアバンギャルド。
商品名にある「Liberté(リベルテ)」とは自由の意。
自由を楽しんでというアーロン氏の思いも込められているよう。

アーロン氏が注目したのはフランス国旗、トリコロールカラーの赤白青。
特に赤・青を重要とし、白をゴールドで表現。
コレクシオンの色味は見事にこの3色のオンパレード。

メイクパターン1

メイクパターンの1つは、このモデルさんのメイク。
リップ中央にゴールデングロスを重ね、ふっくらとした立体感と輝きがプラスされたメイク。
ゴールドは肌色を選ばない色との事。

さらに1つのコレクシオンでこれだけまったく違う雰囲気のメイクが出来ると、その他4パターンのメイクも。

メイクパターン2,3,4

写真左上はドラマティックモダンに、スパークルで洗練された気高さを表現したメイク。
写真右上は女性らしい美しいツヤを持つシャンパンゴールドのフェイスパウダー『ローズ リベルテ』をリップにも使用し、リップ中心に光沢を出して全体をマッチングさせたメイク。
写真左下はゴールドと黒のシャドウで深みにこだわり、目をシャープにセクシーにしてリップとのコントラストを出したメイク。
写真右下は黒の中の黒、漆色の『インク アートライナー』でラインを。

どのメイクにも凛とした強さを感じ、意志のある顔立ちに仕上がっている。
それぞれに違う雰囲気に仕上がっているのにも関わらず、まさしくドラクロワの「民衆を導く自由の女神」の中心に描かれた、民衆を導く果敢な女性を思わせる。
フランス革命で切り開かれたフランスの歴史、パリの歴史。
敬意を払い賞賛を捧げ、それをモチーフに、ランコムの新しい歴史をアーロン氏が切り開くいていくみたい。
そしてそれらのメイクを施した女性たちが、それぞれの歴史を切り開いていくのかもしれない。

メイクってただキレイに見せる為だけの物じゃない、楽しむものだって思っていたけれど、それだけでもない。
さらにそこに意志や意味等を含ませて、魅せる為のものなんだって思った。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Related Posts with Thumbnails

★--コメント--★



★--コメントの投稿--★




管理者にだけ表示を許可する


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。